web2.0的とは?

   

2005年ころから、web2.0という言葉を聞くようになりました。

はじめは、「新しいhtmlかなにかの規格かな?」と思っていました。

web2.0とは、

「みんなでワイワイやったほうが、良いことが起きる!」

という、新しい時代の感覚・意識だと、私は解釈しています。

これまで技術とかノウハウは、一子相伝みたいなもので、他に漏らすことは、自分自信の存在価値を失ってしまうような感じでした。

通信手段が普及していなかった時代は、確かにそうだったのかもしれません。


しかし、世界はすごく広くて、「自分にしか考え付かない」と思ったことも、すでに人が発見していたりします。

インターネットの普及により、誰でも世界中の情報にアクセスできるこの現代。

自分は秘密にしていても、たわいなことだと言わんばかりに、ブログでガンガン公開されていたりするのです。


こうなってくると、秘密にしておくことは全くのナンセンスです。

人に、「それは教えられないよ」と返事をしても、その人はインターネット検索によって、情報をしることができるのです。


当ラボでは、私が知ったり、学んだり、作ったりしたものを、秘密にしておくのではなく、どんどん公開していこうと思います。

最終更新日:2007.9.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 当サイトについて

» 当サイトについて

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」