Top » コラム »

SEOサイトのマネタイズ

   

「SEOサイト」とは、大量にページを生成し、検索エンジンにインデックスさせたサイトのことだ。
少量でも広く検索エンジン経由のトラフィックを稼ぎ、広告を掲載することでマネタイズ(収益化)を狙う。

最近は競争が激しく、昔ほどの破壊力は無い。
しかし、ユーザーに利益を与えるような機能をそなえた、意義のあるサイトであれば、地道に稼ぐことはできるだろう。

csvファイルやAPIを利用したアフィリエイトサイトが儲からない理由

最も効率的なマネタイズの方法は、Google Adsenceだ。

SEOサイトはプログラミングにより生成する。ページのテーマに自動的に合った広告を掲載してくれるアドセンスは、SEOサイトと親和性が高い。

しかし、そこに大きな落とし穴が存在する。

csvファイルやAPIを利用したサイトが儲からないもう一つの理由

Googeは、アドセンスが設置されたコンテンツの品質チェックを行っているとの情報がある。
スパムサイトだけでなく、サイト内のコンテンツが、オリジナルとみなさない場合も、検索エンジン順位を下げる可能性があると、私は考えている。

実際に当方で運営していたSEOサイトが、googleの検索結果から消えてしまったからだ。
csvデーターを利用して作って、アドセンスを設置していたサイトだ。
アドセンス+csvデーターが原因かどうかは定かではない。しかし、可能性としては否定できない。

入力キーワードを使用して、ページを増殖させる仕組みを持ったサイトは、特に要注意だ。

アダルトのキーワードを入力され、検索エンジンに一度でもインデックスされてしまうと、その言葉は二度と消えない。

アドセンスはアダルトコンテンツを禁止している。品質チェックで見つかったら、アカウント凍結もありうるだろう。

ページキーワードが予測不能のページを多く持つようなサイトはAdsense剥奪か。API利用も注意が必要。

つまり、ウェブサービスやAPIを利用して作成したサイトに、アドセンスを設置することは、きわめて危険だということだ。

結局、SEO狙いのマネタイズは、APIやCSVファイルの供給元へのアフィリエイトが、基本となる。
検索エンジンAPIを使用したサイトは、楽天とかAMAZON、ヤフーショッピングのアフィリエイトでマネタイズするしかない。
上記ASPの商品数は多いため、どんなキーワードで叩いても、何かしら商品が出てくるからだ。

しかし、成功報酬なので、クリック課金のアドセンスにくらべ、効率は低い。

結局、借り物のデーターを利用して、楽して儲けようと思っても、利益は上がらないというわけだ。

世の中は本当に上手くできている。

逆に、オリジナルのコンテンツが自動的に集まるような仕組みを作ることができれば、強力な武器となるはずだ。

最終更新日:2007.10.31 | コメント(0) | トラックバック(0) | コラム

» コラム

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」