検索エンジンはアフィリエイトサイトを駆逐?

   

「検索エンジンはアフィリエイトサイトを駆逐?」

こんな話が、最近ウワサになってきています。

でもこれ、本当のようです。


コンテンツの無いアフィリエイトページを大量に作っているサイトさんは、ダメージが大きかったようです。
ごっそりインデックス削除とか。

しかし、どうやって検索エンジンは、これらのサイト・ページを識別しているのでしょう?


もし自分が検索エンジンだとしたら、次のような事を考えます。
アフィリエイト・SEOページにありがちな所から推察すると、

1)ページの総文字数に対して、リンクが異様に多いページは×
文章が少ないページは、あまり大したことが書いてなさそう。

2)一気に外部リンクが増えたサイトは×
自作自演の、人為的な臭いがしませんか?


あと、最近特にウワサになっているのが、「手動」によるチェックです。
技術主導のGoogleとかが、そんなことするのか?と思います。しかし、Googleは実施しているようです。

B○Wの件や、今年の春のサイ○ーエージェントの件などです。

そう考えると、予め手動で各ASPのドメインを登録しておいて、アフィリンク濃度の濃いページを削除するようなこともできそうです。

なんでも海外ではその傾向が実際にあるとか。おそろしや〜。

プログラムで大量ページ生産することを考えている方は、そのままやってもほとんど成果が出ないと思いますよ。

最終更新日:2010.1.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフィリエイト実践ノウハウ

» アフィリエイト実践ノウハウ

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック
サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」