「情報サイト」がアフィリエイトの王道

   

アフィリエイト初級者編では、「ブログからアフィリエイトを始めよう」と、提案させていただきました。

取っ掛かりとしてはブログが最適であると述べただけで、ブログがアフィリエイトに一番適しているということではありません。


Finding Quality HIV/AIDS Information / Daneel Ariantho

●ブログでないとSEOに勝てないわけでなはい
ブログが出てきた当初は、「ブログはSEOに強い」という理由で、アフィリエイト×ブログがもてはやされました。

ブログは、 <Hx>、<Ul>,<li>などのタグをキッチリ利用して、ジャンル別記事リストページや月別ページなどが自動的に生成されます。内部リンクを効率良く構築できることで、いわゆる「SEOの内部要因」を徹底して対策できるのです。

良く考えれば分かることで、SEOに強いことは、なにもブログだけの特権ではなくて、リンク追加作業の面倒を無視すれば、通常のウェブサイトでも可能です。


Train information at Lime Street Low Level / ? Redvers

●ブログは実は読みにくい
ブログには、致命的な弱点があります。「個人の日記」の域を出ない、いわゆる「ブログ」のデザインです。

各社が提供している無料ブログは、どのデザインを見ても、記事のリストとサイドバーで構成されている「いわゆるブログ」の構造です。日々記事を書き足していく構造で、古い記事は目立ちません。

文章量が多いときなど、読みやすいようにと記事を分割してしまうと、記事間のつながりが、かえってわかりにくくなったりします。


Information Board / Steve Parker

●時系列を無視して論理的に構成
収益率が高いサイトは、ブログではなく、実は、特定のジャンルに絞ったコンテンツ中心の「情報サイト」です。あらかじめ考えた起承転結に沿って、論理的で解りやすい 構造のコンテンツで形成されるサイトのことです。

本で例えれば、ブログは「新聞・雑誌」、 情報サイトは「ハードカバーの書籍」と例えると解りやすいと思います。

情報サイトの構造・デザインは、ブログとは違って、ナビゲーションが充実しています。トップページはサイトの説明や、ジャンル別カテゴリーリストやメイン(ブログは新着記事リスト)となり、サイト全体の内容が人目で分かるようになっています。

記事は、時系列ではなくて、ストーリーに沿ってならびます。

書籍で言えば「目次」にあたる部分が、充実しているのです。

情報サイトは、読者にコンテンツをキッチリ読み込ませて、 納得させた上で商品・サービスの購入へ誘導するため、コンバージョンが良くなります。

情報サイトこそ、アフィリエイトの王道です。

もちろん、いわゆる「日記ブログ」で、絶対に上手くいかないと いうことではありません。ブログの持つ性質をうまく利用することで、多くの収入を上げることが可能です。

日記ブログについては、別途触れたいと思います。


Borne touristique d'information (Turin/Piémont / dalbera

●ブログを利用して、情報サイトを運営する
ブログを利用して情報サイトを作ることも可能です。その場合は、デザインをカスタマイズするスキルが必要です。

記事の日時を無視して、 ストーリーに沿ってコンテンツを並べていくことで、サイト全体が説得力のあるものになります。

Movabletypeや Wordpressといった、レンタルサーバーに自分でインストールするブログ管理ソフトを利用すれば、デザインをカスタマイズして、一見ブログに見えないサイトを作れます。

記事の日時やコメント・トラックバックなどのブログ特有の表示を、すべて消してしまえば、普通のサイトと変わりません。

当サイトはMovabletypeを利用して、「情報サイト」のように作ってあります。どうでしょうか?

ブログシステムをCMS(コンテンツマネジメントシステム)として利用すると、一番効率よくサイトを運営できるでしょう。

最終更新日:2010.8.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフィリエイト中級者講座

» アフィリエイト中級者講座

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」