javascriptとiframe

   

ブログパーツの制作って、すごく難しいです。

プログラムは多少できるけれども、配布用のブログパーツとなると……と、躊躇する人は多いと思います。

ちょっとプログラムをかじった人ならすぐに思いつくのが、phpやperlのinclude文です。

プログラムは自分のサーバーに置いて、ユーザーにプログラムファイルをincludeしてもらいます。
しかし、大抵のレンタルブログではphpやperlは動かないので、この方式が広く利用されることはまずないです。


次に考えるのが、iframeです。
サイト内にフレームを挿入して、その中にプログラムを呼び出します。

すごく良い方法に見えます。
しかし、実は色々問題があります。

iframeの問題1 表示領域に融通がきかない。
iframeの表示領域は、あらかじめwidthとheight属性で規定しておく必要がありますが、表示内容が想定より大きくなったり、小さくなったりすると、表示が崩れてしまいます。

iframeの問題2 表示領域内はあくまで別サーバー
iframe内の表示を別サーバーから読んでくると、iframeの中のURLは別サーバーとなります。
よって、アフィリエイトIDなどを仕込んだりすると、他サイトからのアクセスになってしまい、矛盾が生じます(アフィリエイトリンクの多くは、他サイトへの設置を認めていません)。

これらの問題を解決できるのが、javascriptです。
表示領域は、内容によって可変してくれますし、自サイトのコンテンツとして動きます。

大きさが常に一定のものならば、iframeでも構いませんが、そうでない場合は、javascriptで作られているブログパーツを利用したほうが、無難です。

手前味噌になりますが、当方で公開しているブログパーツは、javascriptで動いています。上記のような問題はありませんので、ぜひご利用ください。

最終更新日:2007.9.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブログパーツ開発

» ブログパーツ開発

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」