GNU GPLライセンス

   

先日公開した「楽天アド360」は、すべてjavascriptで組んであるため、ソースコードが丸見えになっている。

よって、完全にフリーにしてしまうと、そのままそっくりコピーされて、販売などをされてしまう可能性もあり、それも面白くないということで、GNU GPLライセンスで著作権を保護することにした。

GNU GPLとは、フリーソフトウェアやプログラムの著作権を保護するためのライセンスだ。

GNU GPLについて
ウィキペディア
マイコミジャーナル

プログラムの改造、再配布を認める代わりに、再配布品もフリーソフトウェアとして配布しなければならないというもの。そのため、コピーレフト(著作権表示)を要求する。

これならば、フリーで公開されたプログラムが、無断で販売されることはない。
販売しても構わないが、その購入者が公開できてしまうからだ。

まあ、現在のネット社会においては、フリーソフトが販売されていたなんて事が知られたら、あっという間に情報が回ってしまって、ただじゃすまないと思うけど。

フリーソフトウェア配布をしようと思っている方は、ご参考に。

※2008.3 指摘があり、内容を修正しました。

最終更新日:2008.3.21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ブログパーツ開発

» ブログパーツ開発

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

コメント
Posted by 通りすがり at 08/03/21

フリーソフトじゃなくてフリーソフトウェアだろう。

GNU GPLでは、「そのままそっくりコピーされて、販売などをされてしまう可能性」は回避できない。GPLのライセスでは、それは許可されている。

コピーレフトは、著作権表示ではない。著作権は保持し続けるが、表示義務はない。

GPL なので、「無断で販売されることはない。」ということはない。
GPL ライセンスで販売されることもありえる。

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」