Amazon Product Advertising API とブログパーツ

   

Amazon web serviceが、Amazon Product Advertising APIと変更になり、電子署名の添付が必要なりました。当方で運営・公開しているブログパーツに影響が出ます。

Amazon アソシエイト Web サービスの名称変更および署名認証についてのお知らせ

Amazon360のブログパーツは、「静的html版」以外のブログパーツ(「Ajax版」)は、2009.8.15以降は利用できなくなります。設置されている方は御注意ください。

●クライアントサイドスクリプトは×
これまでは、AWSから受け取ったXMLデータを、XSLTスタイルシートでJSONPファイルに変換して、Javascriptでクライアント(ブラウザ)から呼び込んで表示させていました。

しかし、今後はデータを呼び出す際に、秘密鍵を組み込んだ電子署名を添付する必要があります。

Javascriptでも電子署名を生成することは可能ですが、Javascriptファイルは、内容が誰にでも見れてしまいます。

秘密鍵は守秘義務がありますので、Javascript上に書き込むことはできません。

よって、Javascript(Ajax)で動く、アマゾンデータを利用したブログパーツは、今後は公開できなくなりました。

おそらく、Amazonのサーバー負荷が厳しいのでしょう。クライアントから直接ウェブサーバーにアクセスするため、データーをキャッシュできませんから。

●サーバーサイドスクリプト
私自身もAmazon360ブログパーツのヘビーユーザーでしたので、今回の変更はかなり参りました。

秘密鍵を隠すには、サーバーサイドのスクリプトを利用するしかありません。

急きょ自分用にサーバーサイドスクリプトを利用したブログパーツを作りました。

もしご希望があれば、配布しようかと思っています。ただし、PHPスクリプトを利用しているため、PHPを利用化の環境を持っている人に限りますけど。


参考:
電子認証の方法
https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t126

ライセンス
https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/agreement.html?ie=UTF8&ref_=pe_undef

最終更新日:2009.5.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | Amazon360 ブログパーツ開発

» Amazon360ブログパーツ開発

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」