アフィリエイト三種の神器

   

前項で述べたように、レンタルサーバーにCMSをインストールしてサイトを運営する方法が、アフィリエイト的には効率的です。

レンタルサーバーとCMS、それに独自ドメインを加えたセットは、「アフィリエイト三種の神器」と呼べるでしょう。


MCLI Server "Farm" / cogdogblog

●独自ドメイン
無料ブログ・サーバーは、無料である代わりに、大きなリスクがあります。サーバー会社がサービスをやめてしまう可能性があることです。

サイトを他のサービスへ移動する際に、ドメイン、URLがすべて変わってしまいます。それまで積み上げてきた被リンクなどのSEO要因や、他のサイトからの紹介の紹介などが、すべて水の泡になってしまいます。

それに対して、独自ドメインは自分の所有物となります。レンタルサーバーがサービスを中止して、他のサーバーに引越ししても、ドメインの指定先を変更すれば、これまでと同じようにサイトを運営できます。

コツコツ積み上げてきたコンテンツは財産です。ある程度のコストはかけて、しっかり守っていきたいです。


shell_public_domain_images / ohadweb

●レンタルサーバー
大抵のレンタルサーバー屋では、独自ドメインとサーバーのどちらも取り扱っていますので、どちらも面倒を見てもらいましょう。

ただし、ひとつだけ注意点が。

ドメインの管理と、レンタルサーバーを別々に管理してくれるサーバー屋さんを選びましょう。

ドメインとサーバーがセットになっていて、独自ドメインを取得しても、他のレンタルサーバーでは利用できない場合があるからです。これでは、独自ドメインにする意味がないですよね。

別々に管理できて、料金も格安なお薦めドメイン&サーバー管理会社はこちらになります

Value Domain+Xrea 3,360円/年~

ロリポップ+ムームードメイン 4,100円~(別途初費費用1,575円)

ValueDomainはサポートが少ない分安いです。初心者の方は、多少高くてもロリポップの方がオススメです。


For Rent / Editor B

●CMS(コンテンツマネジメントシステム)
Movabletype(MT)とWordpress(WP)の二つに絞られています。

Wordpressは完全にフリーのソフトです。Movabletype ビジネス使用時はライセンス取得が必要です(5万円程度)が、個人的なアフィリエイトでの使用についてはフリーです。

カスタマイズのしやすさは、Movabletypeに軍配が上がります。情報を表示するためのMTタグが整備されています。便利な機能を追加するための多くの「プラグイン」も出回っています。

WordpressはPHPで組まれているため、PHPプログラミングが分かる方であれば、細かいカスタマイズが可能です。

PHPがわからなくても、デザインを決めるスキン(テンプレート)と、便利な機能を追加するプラグインがたくさん出回っているため、大抵のことは実現可能です。

Movabletypeのように、「サイトの再構築」が必要ないため、更新作業が楽です。

最近はWPが流行っているようですが、個人的にはMovabletypeの方がカスタマイズしやすいと感じています。

先に紹介したロリポップ+ムームードメインであれば、MTとWPをボタン一つで自動的に簡単にインストールできるサービスが付帯しています。

最終更新日:2010.8.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフィリエイト中級者講座

» アフィリエイト中級者講座

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイト内検索
サイトマップ
最近の記事
コミュニティ

あわせて読みたい  フィードメーター - web2.0的ラボ

製品レビューポータル「MONO-PORTAL」